2016-01-21

Vögelein(建物仮名)がすくすく育つ。MOMO倉庫・事務所誕生!⑦一旦最終回

おもちゃ屋なのに。。
建物の話しばかりで申し訳ありません。
たぶん、この建物物語は一旦終了予定です。
来週の1月下旬から、私たちはドイツのニュルンベルクのおもちゃのメッセに行くからです。
こんなに楽しかった建物Vögelein君がすくすく育つ様子。
完成間近だというのに、私たちは見学、撮影、することができなくなるのです。
映画だったらクライマックスを見ることができないのです。
どうぞ、皆様、私たちに変わって、
ちょうど通りがかりましたら、Vögelein(建物仮名)君の様子を見ていてください。
今日はたぶん最後のお話です。
何年もの間、あることを気づく人も少なかったくらいの、小さな基礎

建物になりました。

壁も貼られ立派に建っています。
MOMO倉庫&事務所Vögelein の物語、たぶん一旦最終回のお話です。

ここまでのお話し

小さな基礎には、柱が建ち、壁ができました。
そして、窓も付きました。
壁の向こうは、車道りの激しい大通りです。
でもなぜか、建物の中は落ち着いています。
中に入ると、そこは吹き抜けになっています。
上を見上げると、開放感! 小さいけれど開放感!
吹き抜けには、キャットウォーク
トラック1台分もないくらいの、小さな基礎に建つ小さな空間を、
ただの倉庫&事務所にはしない、シュタイナー建築の建築家、石川恒夫先生・吉垣内さん。
地球上に新しくうまれる、大きくても小さくても大切な空間を、こころを持って工夫して設計する人。
Vögelein君は、外壁にボードが貼られました。
汚れにくい、しっかりとした素材と色。
木や土、自然素材に、こだわりたいところですが、
倉庫&事務所です。ここは、丈夫と価格が優先です。
大工さんのドリル。
お昼休みかな。

外の櫓の柱は塗料で白に塗られました。

数日後、白の上から、ベェージュが塗られました。
1月21日頃
MOMO倉庫&事務所Vögelein(建物仮名)は、ほぼベースが出来上がりました。
さあ、これからは、Vögelein君が洋服を着たりバックを持ったり。
バックの中身を入れたり。が始まります。
『カウンター』が作られたり、電気、トイレ、デッキが設置、準備されます。
そして、この交通量の多い『下小鳥交差点』の中に建つ建物Vögelein君、
居心地良い空間にするための石川先生の作る『あるもの』の取り付けが始まります。
Vögelein君は洋服を纏います。
もうひとつこの建物の特別なところ。
建築費を抑えるため思高建築さんからの建物引き渡しは、壁塗り無しの契約です。
内装の壁塗りは、全て私たちで自然塗料で塗る予定です。

2010年11月 の壁塗りの思い出

今のMOMO店舗の壁を自分たちで塗ったことを思い出します。
2010年11月 MOMO内装工事スタッフで壁塗りの様子
私:「石川先生先生、どのように色を塗ればよいのですか?」
石川先生:「もぎさん。色に聞いてください。」
2010年11月 MOMO内装工事スタッフで壁塗りの様子 店長
だんだん、だんだん。
塗っていくうちに。色が怖くなくなって。
色と仲良くなりました。

2010年11月 MOMO内装工事スタッフで壁塗りの様子 
色との話し『対話』が楽しくて時間を忘れたことを思い出しました。

どうぞ、よろしくお願いします

来週から私たちは、大きな鳥、飛行機に乗ってヨーロッパに行きます。
小さなかわいい鳥 Vögelein を置いていきます。
すくすく育っているかな?と、こころ残りです。
ヨーロッパから帰ってきたら、どうかな? 出来ちゃっているのかな?
こんなに、気になって見に行ったり、撮影したり、ブログにしているのに。
クライマックスに立ち会えなくてなんて残念なことでしょう。
帰ったら、壁塗り作業!これも、また楽しみな私です。
これで、一旦ブログは終了。
みなさま、気ままに書いた『Vögelein(建物仮名)がすくすく育つ。MOMO倉庫・事務所誕生!』
読んでいただきましてありがとうございました。
思高建設さん、職人さん、Vögelein君をどうぞよろしくお願いいたします。
石川恒夫先生吉垣内さん、ありがとうございます。
こんどは、プチ・ヨーロッパの建築の旅に行ってきます。
おもちゃ屋なのに。。

次回の予告

『Vögelein(建物仮名)がすくすく育つ。MOMO倉庫・事務所誕生!⑧建物は地球色』


MOMO倉庫・事務所
設計:石川恒夫氏(ビオ・ハウス・ジャパン) 施工:思高建設 2015年11月〜


関連記事