「色でこころのバランスを。」2/25『としくらえみ ぬらし絵と手仕事教室』大人クラス

stardot.jpg2月25日(日)「としくらえみ ぬらし絵と手仕事教室」大人クラス

伝えたい、教えたい人と
知りたい、体験したい、教えてもらいたい人が
結びつく「教室」ってすごいこと、と感じています。

町には、いろいろな教室があります。
ひとつひとつの教室が、誰かが作った、貴重な空間・時間と思うこの頃です。


2月25日、まだ寒い日々の日曜日。
としくらえみさんのぬらし絵と手しごと教室に、大人の方がやってみたい学びたいと
いろいろな町から集まりました。

2018.2.25 nurashie otona - 2.jpg

ぬらし絵の絵の具は、赤、青、黄色のたった3色だけなのに
様々な色とかたち。
仕上がった作品を、残す飾る評価する芸術ではなく
描くその時を楽しむ芸術を楽しむの時間がぬらし絵なのでしょう。
この日も、色と語る時を楽しんでいただきました。

2018.2.25 nurashie otona - 7.jpg

2月の大人クラスの手しごとは織り物でした。

2018.2.25 nurashie otona - 1 (2).jpg

毎回えみさんが皆さんにお話する
「色でこころのバランスをとる」という、としくらえみさんの言葉が私のこころに残ります。

今回も皆さんの様子を少しだけブログでご紹介させてください。
少し前のことになりましたが、「としくらえみぬらし絵と手しごと教室」2月の大人クラスです。

reddot10p.jpgのサムネイル画像 ぬらし絵 reddot10p.jpgのサムネイル画像

濡れた白い画用紙を前に
としくらえみさんのぬらし絵の説明が始まりました。

ゆっくりと、色を出し、筆を動かし。
濡れた画用紙の上の赤と青と黄色は、えみさんのこころが思う様に変わっていきました。

2018.2.25 nurashie otona - 1 (1).jpg

みなさんはどんな景色が生まれるかしら。
さあ、やってみましょう。

2018.2.25 nurashie otona - 3.jpg

えみさんが語ってくれた、画用紙の上のストーリーを思い出しながら
3つの色を、濡れた白い画用紙にゆっくりゆっくりと
ひとりひとりの気持ちのペースで、色とこころをおきました。

2018.2.25 nurashie otona - 4.jpg

自分の思う様に。

色をふくらませたり、色を重ねたり。
色と色が混ざります。
新しい色が生まれます。

こころで思ったかたちと、色の力で変わっていく色とかたち
それが風景になっていく。

2018.2.25 nurashie otona - 6.jpg

こころの景色が画用紙の上に広がります。

2018.2.25 nurashie otona - 5.jpg

自分の好きな様に。

それぞれの自分の景色。

2018.2.25 nurashie otona - 8.jpg

赤、青、黄色のたった3色が。
色と語らい、おひとりおひとりの景色となった時間でした。

reddot10p.jpgのサムネイル画像 手しごと:織り物 reddot10p.jpgのサムネイル画像

今日の大人クラスの手しごとは織り物です。
テーブルの上には毛糸の山。
そして、木の枠に糸が張ってある木枠が配られました。

2018.2.25 nurashie otona - 11.jpg

毛糸の山は、どれも、素敵な色です。

2018.2.25 nurashie otona - 9.jpg

好きな色の毛糸を選びます。
そして、上下、上下、と糸を通します。

2018.2.25 nurashie otona - 15.jpg

みなさんの色の合わせ方を見ているだけでも楽しい!

2018.2.25 nurashie otona - 13.jpg

次は何色にしようかな? 色を選ぶ時間も楽しくて!

2018.2.25 nurashie otona - 14.jpg

時を忘れて、織ること、色を選ぶことを楽しみました。

2018.2.25 nurashie otona - 17.jpg

最後まで織れるまで
時計を止めたかったです。

木枠から外した、出来たての織物。
素敵な色の組み合わせ。

2018.2.25 nurashie otona - 21.jpg
端の糸は、織り込んで完成です。


2018.2.25 nurashie otona - 20.jpg


毛糸の色と感触、
色の糸を織物にできた幸せな時間でした。


reddot10p.jpgのサムネイル画像 毛糸3本でできる楽しい紐 reddot10p.jpgのサムネイル画像

えみさんは、こどもも大人も、手を使うことをいっぱい楽しみましょうと言っていました。
手を使うことは、こころを使うことです。と。

目の前のたくさんの毛糸を、ひょいっと3本取り出して、
『指先』を使って作る紐をご紹介してくださいました。

2人で作ります。
指先をひねるって意外としないのですよね。と。
2人で楽しそうに、毛糸をひねっていました。

2018.2.25 nurashie otona - 18.jpg

3分も経たないうちにできました!
かわいい組紐です。

2018.2.25 nurashie otona - 1 (3).jpg

簡単に手を使い、
楽しく、美しい。
手しごとをえみさんが紹介するワケを感じます。

『手しごといっぱい』には、この紐の作り方も、それ以外にもたくさん手しごとが載っています。
手しごといっぱい!ですから。



ドイツやスイスや、日本で
としくらえみさんが学んだぬらし絵、手しごと
ご本人が、来て、伝えていただく時間は本当にありがたい時間でした。

魔法のようなタイミングで、本『手しごといっぱい!』が出版されました。
私にとっては、こころがまた戻れる大切な1冊です。


不思議な感覚が毎度あります。
「ぬらし絵と手しごと教室」の次の日の朝のコトです。

教室をした次の日の朝、
momoエルデドアを開け部屋の中に入ると
特別な静かな、あたたかさを感じます。
それと、空気と香りがまるでドイツやスイスのような空気なのです。

きっと、えみさんがいた余韻と
こどもたちと大人の皆さんが、ゆっくりと喜んだエネルギーが残っているからなのだと思います。

教室が終わった後も皆さんのエネルギーが残っているを感じ楽しませていただいています。


ご参加いただきました皆様、としくらえみさん、ありがとうございました。


いよいよ、次回3月25日が最終回です。
このブログを書いている今は既に終了しています。
このブログも次は最終回です。
最終日も、こころに花が咲きました!

どうぞ、お楽しみにしてください。


icon_line_red.jpg

yotacco_b_12.jpg

としくらえみさんの手しごと43種が、本になりました。

TE_teshigoto_book_640.jpg
2月の大人クラスの手仕事「織物」と一緒に。

としくらえみぬらし絵と手仕事教室にいつでも参加できるような気持ちになれる内容の本です。
えみさんが撮った写真を見ているだけでも、楽しい!
なんと、momoエルデでの写真も数枚使われています。
『としくら えみ 手しごといっぱい!』momo店頭で販売中です。全国書店にて販売中です。



写真・文:MOMO 店長 もぎしづこ
※としくらえみさんのお話、こどもとの会話を基に私なりに理解して書いています。
どうぞご了承ください。

icon_line_red.jpg

reddot10p.jpg「としくらえみ ぬらし絵と手仕事教室」終了しました。
201718toshikuraemi_class_o.jpgのサムネイル画像
1年間ありがとうございました。

sankaku_shita2.jpg2017年4月からの教室の様子

icon_line_red.jpg

sankaku.jpgお問い合わせはこちら

心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00 CLOSE 火曜・第三水曜日
TeL&Fax 027-362-3508
Mail: info[アットマーク]momotoys.jp


icon_line_red.jpg