《おもちゃ屋の旅⑬》スイス・チューリッヒ動物園 は、こどもと動物の広い公園

2016年2月2日 スイス・チューリッヒ動物園。
真冬の青空の中の動物園を散歩した日のお話です。

tb12_zoo_10.jpg

ゲートの先には、どんな動物がいるのでしょう。
どんな動物の世界が、あるのでしょう。


今回はチューリッヒ動物園ブログ後編、「チューリッヒ動物園 外編」です。
前回の「チューリッヒ動物園 森・ジャングル編」も合わせてどうぞ。

続きを読む

《おもちゃ屋の旅⑫》スイス・チューリッヒ動物園 『森やジャングルは、強いエネルギーの世界』

2016年2月私たち家族は、ヨーロッパを旅しました。
国際玩具見本市からどうせドイツまで行くのなら!と、スイスのチューリッヒへ。

そして、チューリッヒまで行くのなら、『チューリッヒ動物園』へ!と。

チューリッヒの駅からトラムに乗って、
静かな町並み、大学、閑静な住宅街の丘の中をゆっくり走り、
20分ほどで『チューリッヒ動物園』に到着しました。

tb12_zoo_12.jpg

リスの人形。
あれっ? 真ん中は、MOMOの社長のパパでした。

おとこの子が近づいてきて、仲良くしたいのかな?と思ったら、
「おじさん、早くぼくに貸してよっ。」て言われました♪


たくさんの写真の中の少しですが、長いお話になりますので、
館内の森・ジャングル編と外編、お話しを2編に分けました。

動物とこどもがゆっくり過ごす『スイス・チューリッヒ動物園』の森・ジャングル編のお話です。

続きを読む

《おもちゃ屋の旅⑩》スイスの街のおもちゃ屋さんで旅の目的と出会う

2016年の冬、2月に私たち家族はヨーロッパで旅をしました。
時間が経ってしまいましたが、
旅の写真を見ると昨日のことのように、その日の感情が湧き出てきます。

今日はスイスの街のおもちゃ屋さん編です。


スイスには、
「おもちゃのチャチャチャ」を歌う時に頭の中に浮かぶようなおもちゃ屋さんが
街の景色のようにありました。

DSC_0820.jpg
スイス・バーゼルのおもちゃ屋さんシュピーレゲにて

街の様子とともに
スイスのおもちゃ屋さんを少しですが、紹介させてください。

続きを読む

《おもちゃ屋の旅⑨》チューリッヒの街のおもちゃ屋さん『パストリーニ』

2016年の冬、2月に私たち家族はヨーロッパで旅をしました。
あっという間に時が経ち、夏になってしまいました。
写真とともにまた少しずつ、お話できたらと思います。

今日はスイスの街のおもちゃ屋さんのお話です。

2016年2月1日 
私たちは、スイスのチューリッヒにあるおもちゃ屋『パストリーニ』に行くことが叶いました。

DSC_0945.jpg

閉店の噂があった、パストリーニ。


ショーウインドには、おもちゃが並び、開店すぐから、お客さんが来ていました。
勘違いだったのかな?

DSC_0964.jpg


私たちが、訪ねた一ヶ月後、
輸入元アトリエニキティキさんから一通の手紙をいただきました。
そこには、
残念なことに、チューリッヒにあるおもちゃ屋『パストリーニ』が閉店したとかかれていました。


閉店などまったく感じさせないパストリーニを訪ねた日と思ったことのお話です。

続きを読む

《おもちゃ屋の旅 ⑦》建物の芸術『ゲーテアヌム』で空と宇宙とおもちゃに出会う

私たちが遠くても来たかった場所。
スイス ドルナッハにある、『ゲーテアヌム』に来ることが叶いました。

ot_7_ga1.jpg
写真:ドルナッハに到着した日、夜の散歩で撮影したゲーテアヌム。

ドルナッハの町の建物や『ゲーテアヌム』は、
自然の美しさを見た時と同じような、喜びを感じる建物でした。

ot_7_g214.jpg

『ゲーテアヌム』は、ルドルフ・シュタイナー氏が設計した建物です。
シュタイナーの芸術を表現する場、学ぶ場、感じる空間、ホールです。
アントロポゾフィー(人智学)協会の本部が置かれているそうです。

ot_7_36.jpg
ゲーテアヌムのホールの扉の右壁面に描かれた作品

劇場内は撮影してはいけないそうです。劇場の外の建物内を撮影しました。
ゲーテアヌムの中の様子を少しだけ、ブログにさせてください。

※お願い※
申し訳ありません。私はルドルフシュタイナー氏、ゲーテアヌムについて詳しくありません。
大切なことですので、気になることがありましたら、
どうぞ正確なこと、詳しくはお調べくださるようお願いいたします。


続きを読む