2018-11-08

【11/11(日)まで】『夜のクリスマス屋さん』長い冬の夜の時間を楽しむご紹介


『夜のクリスマス屋さん』のお話です。

時が経つのは早いものです。2週間開催した『
夜のクリスマス屋さん』は、今週末で終了です。
ご来店いただきました皆様本当にありがとうございました。

オーナメントやクリスマスの飾りの人形を眺めるこどもの眼差しが素敵でした。私は写真を撮りたいと毎日思いましたが
小さなお客様とのお話しや、大人の方へのお話で様子を写真に残すことができず写真のご紹介ができません。
会場の夜の様子の写真で終了前に、どんな空間かをご紹介させていただきます。

オーナメントや飾り

ここは、小さなオーナメントを置いたテーブルです。
このオーナメントのテーブルをこどもたちは、じっくり眺めていました。オーナメントを見ていると物語が湧き出てきます。
こどもはだからじいっと見ているのです。

「サンタさんいっぱい引っ張って重くないのかな?」
「小さな汽車はどこへ行くのかな。」
「屋台におもちゃが並んでいるね。

「あの、おもちゃ売りの二人は」

「おもちゃを持っている!」

「豆のように小さなサンタクロース。森の木で家にクリスマスツリーを作るのかな。それともプレゼント?」

「サンタクロースの持ち物の木馬!」

小さな世界に想いを馳せます。
だれかが、そんな想いの時を願って丁寧に作ったクリスマスの小さな飾りです。

家の時間や夜を楽しむ飾り

くるみ割り人形は空間を特別な雰囲気にしてくれます。

煙だし人形は、香りを楽しませてくれます。
お香を入れて焚くのはもったいないと思われますが、煙だし人形の仕事です。
人形の口から煙が出る様子のいい時間を楽しみましょう。

エルデの夜のクリスマス屋さんでは、ゆっくりしている時は煙だし人形にお香を入れたり、キャンドルを点けてピラミッドを回したりを楽しんでもらっています。

→くるみ割り人形や煙だし人形、クリスマスアイテムはMOMOオンラインショップでもご紹介しています:【MOMOオンラインショップ】クリスマス

ひとりひとりの心が輝く一瞬を

こどもは一瞬のことも、一生覚えていることもあります。
大人はこどもに、そんな心に残る一瞬を作りたいとみんな思っています。私もこの空間はその1つとなるかもしれないとチャレンジしています。

2014年『ミュラー展』でのうれしいシーン

ドイツで作られたクリスマスの飾りが、ぎゅっと詰まって並んでいる特別の空間です。
クリスマスの飾りが主役と思われがちですが、それを見る人の心の輝きが主役なのだと感じています。

MOMOエルデでは、今週末の11月11日(日)の夜まで
クリスマスアイテムとクリスマスの頃の夜のお楽しみをご紹介しています。

皆様のご来場をお待ちしております。
今年も皆様に穏やかなクリスマス迄の時間とクリスマスが訪れますように。

写真・文:MOMO 店長 もぎしづこ

→詳細:10.26(金)18:00-11.11(日)『夜のクリスマス屋さん』by.MOMO

お問い合わせはこちら

TOYS&GIFT MOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1

OPEN 11:00-18:00
定休日 火曜・第3水曜日
Tel&Fax: 027-362-3508
Mail: info〔アットマーク〕momotoys.jp


関連記事