2018-05-29

4月22日(日)工藤由美「暮らしのお針子時間」

reddot10p.jpg 4月22日(日)工藤由美(くどう よしみ)「暮らしのお針子時間」
針を持ってちくちくと手を動かすと、いつのまにか無心になって気持ちが落ち着きます。』
と、工藤由美さんからの「お針子の時間」の募集の言葉にありました。
ohariko_blog_2018.4 - 14.jpg
工藤由美さんのお声がけで、お針子時間を楽しむために、いろいろな町から、いろいろな人が、momoエルデに集まりました。
ohariko_blog_2018.4 - 13.jpg
同じものが好きな方は、なんだか同じこころの波長を持っているようで
がんばらなくていい、ちょうどいい、ほっとしたいい空気。

ohariko_blog_2018.4 - 18.jpg

赤ちゃんからどんな年齢の方まで
生活に、そばにあるものは
肌触りがやさしい、心地よいもの
こころに寄り添うもの、
好きなものが、いいですね。
工藤由美さんの作った布のモノは、
私たちが紹介している「赤ちゃんのおもちゃ」と、似ていると感じました。

ohariko_blog_2018.4 - 7.jpg

ひとがひとを思って作ったモノ。
肌が、唇が優しさを感じます。
生活の時間が、そおっと潤います。
工藤由美さんの「暮らしのお針子時間」の日お話です。
reddot10p.jpg  工藤由美「暮らしのお針子時間」の会場:エルデ
由美さんの時間と皆さんの時間を繋ぐのは、momoとエルデの場所です。
momoエルデでは、今までいろいろな時間がありました。
こどもにも、大人にも、
「喜びの種」になるものを探して、お渡しするところエルデです。

ohariko_blog_2018.4 - 3.jpg

4月22日日曜日の「暮らしのお針子時間」
この日は初夏の陽気となりました。
エルデの若葉はもりもりと成長し、輝いています。
ohariko_blog_2018.4 - 2.jpg
ここが、「暮らしのお針子の時間」となります。
reddot10p.jpg 準備「一枚の布が空間の印象を空気を変える」
この日のエルデは、工藤由美さんの布と、レイアウトで
今までにない、雰囲気の空間になりました。
ohariko_blog_2018.4 - 1.jpg
一枚の布を窓にかけるだけで。
布を通る光。
布と光のモザイク。
ohariko_blog_2018.4 - 5.jpg
由美さんが、くるみを窓辺に置きました。
上半分は布です。布にはエッセンシャルオイルが染み込ませてあるそうです。
ohariko_blog_2018.4 - 8.jpg
時間とともに、
窓辺の飾りの香りが、お日様の光と熱でエルデの空間に広がり
ほんのり部屋中がいい香りとなりました。
reddot10p.jpgのサムネイル画像 ワークショップの準備「巾着の布」
参加者さんに、由美さんがパッチワークをした「表布」が机に並びました。
向こうのテーブルには、赤系。
こっちのテーブルには、青系。
ohariko_blog_2018.4 - 10.jpg
参加者さんが自分の好きな布を選びます。
私には、この布がどのような、巾着となるのか全く想像がつきませんでした。
これで準備ができました。
参加者さんが来るのを待ちましょう。
reddot10p.jpg ワークショップ「きんちゃく作り」 at エルデ
参加者の皆さんは、自分の好きな布を選び、
巾着作りが始まりました。

ohariko_blog_2018.4 - 16.jpg

ちくちく、ちくちく。
ohariko_blog_2018.4 - 11.jpg
布を縫う姿は美しく、
針をあつかう仕草、指先の動き、見ていて懐かしい幸せ感です。
ohariko_blog_2018.4 - 20.jpg
巾着に「好きな色の刺繍糸でポイントをつけましょう。」と由美さん。
ohariko_blog_2018.4 - 21.jpg
刺繍糸で 皆さんそれぞれ、好きな色の「私のアクセント」をつけました。
ohariko_blog_2018.4 - 25.jpg
さらに、自分らしく、巾着がキラッと輝きます。
ohariko_blog_2018.4 - 23.jpg
reddot10p.jpgのサムネイル画像 布のこと
「この小さな水玉の布が作られた国は、。。」なんて、巾着に使われている、パッチワークの中の小さな布のお話をしてくれました。
布それぞれに物語がありそうです。
そして、その布が様々な大きさで重なり合い、一枚の巾着になるための布となっているのが、とても面白いです。
ohariko_blog_2018.4 - 15.jpg
reddot10p.jpgのサムネイル画像 おやつ:由美さんの手作りお菓子
由美さんが昨日、皆さんにと、お菓子を焼いて用意してくれました。
白崎さんのレシピで作ったお菓子だそうです。
作り方もとっても簡単だそうです。
巾着が出来上がる頃の嬉しい美味しいお茶の時間でした。
ohariko_blog_2018.4 - 29.jpg
reddot10p.jpgのサムネイル画像 巾着ができました。
平の布だった時には、
検討もつかなかった布のモザイク柄が、
巾着になりました。
ohariko_blog_2018.4 - 26.jpg
ちょこっとある、小さな黄色がアクセントだったり。
ohariko_blog_2018.4 - 27.jpg
その方らしい、色合いの巾着だったり。
ohariko_blog_2018.4 - 28.jpg
それぞれの色合いの肌触りのいい、
素敵な巾着ができました。
ohariko_blog_2018.4 - 24.jpg
布のパッチワーク柄の合わせが、どれもとても魅力的!
工藤由美さんの布小物の魅力に驚かされました。
reddot10p.jpg 布小物展示販売会
 
午後からは、工藤由美さんの作品の販売会がありました。
・キッチンの布小物
ohariko_blog_2018.4 - 30.jpg
・エプロン,ポーチ
ohariko_blog_2018.4 - 1 (1).jpg
手にとって、肌触りや色、
布の組み合わせの面白さを楽しませていただきました。
ohariko_blog_2018.4 - 31.jpg
reddot10p.jpg momo店長の感想:工藤由美 さんの「暮らしのお針子時間」
自分一人でも、楽しいこと、「喜びの種」の紹介したいと思っています。
針で縫うということは、一人で出来て、直線縫いなら難しくないですし
決まったことに集中するのは、楽で充実。と思いました。
そして、繋がった、工藤由美さんのお針子時間の企画でした。
自分自身(大人の方、お母さん)の「喜びの種」と思いましたが、
それだけではなかったのです。
縫う姿が、家族の喜びとなることを感じました。
私は、塗っていなかったので、
ご参加の方皆さんの、縫う姿の神々しさを感じたのです。
ohariko_blog_2018.4 - 12.jpg
現代の生活では、縫い物をする姿に出会うことが少ないと思います。
子育ての時間に、子育てでなくても、
家族が縫い物をする姿が生活にあるということが
贅沢で素敵なことだということに気づきました。
こどもが育つ時に、
これからの自分自身にも、
あったらいいなと思う「暮らしのお針子時間」でした。
工藤由美さん開催していただきましてありがとうございました。
また、「暮らしのお針子時間」の計画をお待ちしています。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
写真・文:MOMO  店長 もぎしづこ
編集:茂木成美
icon_line_red.jpg
reddot10p.jpgのサムネイル画像 今回のイベント reddot10p.jpgのサムネイル画像
 「暮らしのお針子時間」
 
201804oharikotaime.jpg
※クリックすると大きな画像が開きます。
icon_line_red.jpg
reddot10p.jpgのサムネイル画像 プロフィール reddot10p.jpgのサムネイル画像
工藤由美(くどうよしみ)
2018420_03.jpg
群馬県高崎市出身。前橋文化服装専門学校服飾科で2年、文化服装学院(新宿)で1年パターンとマーチャンダイジングを学ぶ。
埼玉県在住時代、家の中の布小物を全て自らの手で製作していたことがきっかけで、白崎茶会のお針子係りになる。
現在は群馬県高崎市在住。群馬県内や都内各所で布小物の展示・販売、ワークショップを行う。
愛称は「よっしー」。
好きな飲み物はお酒。最近はとりわけ「よなよなエール」が好きで、「あの金の缶を見ちゃうと、もう…」だそう。
kudoyoshimi_web_640.jpg
kudoyoshimi_web_shop_640.jpg
icon_line_red.jpg
sankaku_shita2.jpg工藤由美さんご紹介ブログ
icon_line_red.jpg
sankaku.jpgお問い合わせはこちら
 
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00 CLOSE 火曜・第三水曜日
TeL&Fax 027-362-3508
Mail: info[アットマーク]momotoys.jp

icon_line_red.jpg


関連記事