2016-08-08

《おもちゃ屋の旅⑬》スイス・チューリッヒ動物園 は、こどもと動物の広い公園

2016年2月2日 スイス・チューリッヒ動物園。
真冬の青空の中の動物園を散歩した日のお話です。
tb12_zoo_10.jpg
ゲートの先には、どんな動物がいるのでしょう。
どんな動物の世界が、あるのでしょう。
今回はチューリッヒ動物園ブログ後編、「チューリッヒ動物園 外編」です。
reddot10p.jpgチューリッヒ動物園の丘を歩く。
入ってすぐにお出迎えしてくれた、動物は。。。
あれっ? 気持ち良さそうに、寝てる。。
大きな、ねずみ。
DSC_1019 tb_zoo.jpg
カピパラくん?かな?
毛がふさふさですね。
すこし歩いていくと、フラミンゴが、水浴びをしていました。
tb12_zoo_02_1.jpg
それからまた、しばらく行くとシマウマがいました。
こっちを、見ています。
tb12_zoo_02_2.jpg
チューリッヒ動物園は、丘の地形の高低差を利用して、なるべく柵が無いようになっています。
シマウマは、柵の中ではありません。檻の中ではありません。
このような感じで、シマウマは、隣の敷地にいるのです。
DSC_1025.jpg
どうして、出て来ないのでしょう。
不思議です。
ラクダくんの住むところは、素敵な石の塀の向こう。
DSC_1033.jpg
ラクダさん、眺めのいい家ですね。
tb12_zoo_02_7.jpg
reddot10p.jpg放し飼い?!のコウノトリに出会う。
チューリッヒ動物園で印象深かった動物の中に、コウノトリがいます。
コウノトリは、高い所にいました。
tb12_zoo_03.jpg
どのくらい高い?
▽こんな柵も作れないほど高ーい所に巣があるコウノトリもいます。
tb12_zoo_04.jpg
不思議です。
柵の中に住んでいるのではありません。
空は続いているのだから、どこへでも逃げられるのに。
コウノトリは、チューリッヒ動物園が『家』なのですね。
沢山のコウノトリがいるらしく、動物園のあちこちの高い所にコウノトリの巣がありました。
動物園のモニュメントのよう。
tb12_zoo_02.jpg
巣から巣へ、コウノトリが私たちの頭の上を低空飛行して行き交います。
羽を広げると大きくて、頭上を飛ぶ姿には、迫力がありました。
reddot10p.jpgゾウの為にゾウの為の大きさで作られた『ゾウの家』へ
日本のテレビで見たり、噂を聞いていて、来てみたかった『ゾウの家』が向こうに見えました。
やっぱり大きいです。かっこいいです。
tb12_zoo_15.jpg
行ってみましょう。
ゾウの家に近づくと、外にもゾウがいました。
のんびりと、水遊びをしていました。
tb12_zoo_16.jpg
外からみると、UFOのようなゾウの家の屋根はどうなっているのでしょう。
気になります。
DSC_1101 ot.jpg
ゾウの家に入ると、屋根の美しさが、空間を開放的に感じさせていました。
木の構造で、作られていました。
天窓は、光の入り方を研究されて形作られているそうです。
tb_zoo_zou_01_640.jpg
ゾウがいました!
みんなが、ゾウを見ています。
DSC_1077 2016.8.jpg
のっし、のっし。
のっし、のっし。と、ぞうが歩いていました。
ゾウさん素敵な家ですね。
住み心地はいかがですか。
tb12_zoo_17.jpg
ゾウは水浴びが大好きなんですって。
ゾウの家には、プールがあります。
そして、その、ゾウの水浴びの『水中の様子』を見ることができる工夫があります。
階段を降りた地下に、プールの壁の一部が強化ガラスになっていて、
水中のゾウの見学スペースになっています。
tb12_zoo_18.jpg
ゾウが水浴びしないかな〜。って。
こどもたちが、待っています。
ゾウさん来て〜。
tb12_zoo_19.jpg
「バシャーン!」とゾウが、プールに飛び込んで来て、泳ぐ姿を期待しながら、
こどもたちはゾウが来るのを待っていました。
私たちもしばらく待っていましたが、あきらめました。
こどもたちは、どうだったかな?
見れたらいいな。泳ぐゾウさん。
▽もしプールに入ってくれるとこんな風に泳ぐゾウさんが見れるそうです。

reddot10p.jpg力強い動物たちの高台エリアを歩く。
動物園の高台エリアには、
柵の必要な動物たちのエリアがありました。
柵の中に最初に出会った、白いふくろう。
フクロウを見ていると、ハリーポッターなどの物語が湧き出てきます。
いるだけで、語る不思議な力を持つ存在でした。
tb12_zoo_26.jpg
かわいい坊やが、ガラスにはり付いて見ている視線の先には
どんな動物がいるのでしょう。
tb12_zoo_25.jpg
岩の上で、どっしりくつろぐ、『虎』です。
tb12_zoo_06.jpg
どっしりとした、風格。
大きな手。
こどもは、強いもの、カッコイイものに憧れるのでしょう。
また人が群がっているところがありました。
ライオンの庭です。
ライオンが歩いて向こうにいきました。
DSC_1132ot2016.jpg
ごはんの時間です。
ライオンが、『待て』をしていました。「はやく、ちょうだい。」って。
tb12_zoo_28.jpg
こどもたちは、大喜びでした。
reddot10p.jpgいろいろな、こどものための体験スペース。
こどもたちが、きらきらと飾られた木の周りに集まっています。
この柵の中は、こどもが動物とあそぶ為のコーナーです。
こどもと、付き添いの大人が入って『ヤギ』とあそぶことができます。
tb12_zoo_14.jpg
こちらは、『ぶた』とふれあうコーナーです。
tb12_zoo_13.jpg
「ゾウの家」を眺める見晴らしの良い丘の上には、
油圧式ユンボをこどもが操作する体験コーナーもありました。
tb12_zoo_02_3.jpg
ユンボの前に用意された、砂山の砂を、
こどもがユンボを操作し、砂を掘ったり、移動させたりする遊び場です。
(こどもひとりでの使用はできません。)
tb12_zoo_05.jpg
あちこちに、広くて、独創的な公園が用意されていました。
発想に夢がある、大人も遊びたくなる公園です。
tb12_zoo_27.jpg
こどもの、運動神経を刺激します。
登ったり。下りたり。揺れたり。ジャンプしたり。慎重にしたり。
reddot10p.jpgチューッリヒ動物園でいつものおもちゃに出会う。
チューリッヒ動物園の売店です。
動物の様々なものが販売されていました。
tb12_zoo_30.jpg
あれっ?!
MOMOでも、売っているいつものおもちゃを発見しました。
スイス・「アトリエフィッシャーの『六面体パズル動物園』です。
tb12_zoo_29.jpg
アトリエフィッシャーの、動物そのものの絵が、素晴らしいパズルのおもちゃです。
お家で、動物園の動物を思い出しあそぶパズル。
チューリッヒ動物園のお土産に、ピッタリですね。
reddot10p.jpg 子育ては、コウノトリみたいに、天に近いところで
こどもたちは、大きくて強いお父さんが好き。
そして、そのお父さんよりも、もっともっと大きくて、スゴイ動物がいて。
お父さんが一番だったのに、こどもがお父さんより大きなものを知る・見る動物園。
チューリッヒ動物園は子どもも地球の動物を知る動物園でした。
チューリッヒ動物園で、ゾウやキリンをみるのが楽しみと思っていましたが、
動物をみて喜んでキラキラとこころが輝いているこどもたちの姿
私たちはたくさん見て楽しませてもらいました。
チューリッヒ動物園は、こどもたちと動物の喜びのための、広い広い公園でした。
動物や植物が豊かに生きる世界が、神様がつくった地球。
アマゾンや、アメリカ、アフリカ、アジア、ヨーロッパの
森やジャングルの中の動物や植物のエネルギーの大きさと力。地球の力
地球の全ての生命のためにバランスを守らなくてはならないこと。
チューリッヒ動物園は、『私たち動物が地球上で豊かに生きる』ということを考えさせてくれました。
tb12_zoo_24.jpg
高い高い巣の上で、夫婦で子育てしているコウノトリ。
神様からあずかった、子育てのお仕事は、
コウノトリみたいに、
普通よりも、天に近いところ(気持ち)で、いいんだなぁ。と。
地球の未来、この子たちの未来に、
今と変わらない豊かな命でいっぱいの地球があるように、
地球の動植物の命を知り、地球全体を守りましょう。と、
様々な動物と動物の生息地、環境の体験を通して
チューリッヒ動物園が語っているように感じました。
チューリッヒ動物園、今は、夏。 カピパラくん。ゾウくんどうしてるかな?
きっと、水浴びしているのかな。
写真・文:MOMO  店長 もぎしづこ
icon_line_red.jpg
sankaku.jpgお問い合わせはこちら
 
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00
定休日 火曜・第三水曜日
TeL&Fax 027-362-3508
Mail: info[アットマーク]momotoys.jp

icon_line_red.jpg


関連記事