2016-08-05

《おもちゃ屋の旅⑫》スイス・チューリッヒ動物園 『森やジャングルは、強いエネルギーの世界』

2016年2月私たち家族は、ヨーロッパを旅しました。
国際玩具見本市からどうせドイツまで行くのなら!と、スイスのチューリッヒへ。
そして、チューリッヒまで行くのなら、『チューリッヒ動物園』へ!と。
チューリッヒの駅からトラムに乗って、
静かな町並み、大学、閑静な住宅街の丘の中をゆっくり走り、
20分ほどで『チューリッヒ動物園』に到着しました。

tb12_zoo_12.jpg

リスの人形。
あれっ? 真ん中は、MOMOの社長のパパでした。
おとこの子が近づいてきて、仲良くしたいのかな?と思ったら、
「おじさん、早くぼくに貸してよっ。」て言われました♪
たくさんの写真の中の少しですが、長いお話になりますので、
館内の森・ジャングル編と外編、お話しを2編に分けました。
動物とこどもがゆっくり過ごす『スイス・チューリッヒ動物園』の森・ジャングル編のお話です。
reddot10p.jpg ようこそチューリッヒ動物園へ
 
トラムから降りると、チューリッヒ動物園のシンボル、風車が建っていました。

ここが!チューリッヒ動物園か〜。

 

tb12_zoo_08.jpg
                               電気ではなく、風が手伝うサイン。
チケットを買って中に入りました。
入園すると、私たちを迎えてくれたのは、『ペンギン』でした!
本物と同じような大きさと表情、動きの人形です。
tb12_zoo_07.jpg
「ようこそ、ようこそ」ってペンギンたちが言っています。
ペタペタ、ペタペタ。
reddot10p.jpg 森やジャングルに住む動物たち
始めに、エントランススペースのペンギンの後ろの建物に入りました。
鳥や、小動物、『ガラスの中からの観察に向いている動物』がいる園舎でした。
ここの空気は森以上でジャングルみたい。
DSC_1009 tb_zoo.jpg
denkyuu_40.jpgのサムネイル画像壁のボードのインフォメーション
ここにいる
 reddot10p.jpgのサムネイル画像鳥の絵
 reddot10p.jpgのサムネイル画像名前
 reddot10p.jpgのサムネイル画像特徴
 reddot10p.jpgのサムネイル画像生息地の場所を、地図で
を一目で解るようにインフォメーション。
遠い国の鳥たちが、この森に集まっています。
ゆっくり時間をかけて、鳥を探す一日もいいですね。
DSC_1008 tb_zoo.jpg
あっ!いた!
きれいな鳥。
DSC_1001 tb_zoo.jpg
reddot10p.jpgガラスの中の森のサル
 
ガラスの中に森が作られいろいろな種類のサルがいました。
このサルは身体は小さいけれど、黄金の色。美しい金色でした。
tb12_zoo_03_1.jpg
不思議なさるもいました。
鳥にしようか、ねこになろうか、さるになろうか迷って生まれたのかな?
DSC_1000 tb_zoo.jpg
さるという動物は、からだは小さく、ぴょんぴょんと木を渡る
人みたいな、鳥みたいな、動物です。
こんなサルに森で出会ったら、神聖なんでしょうね。
reddot10p.jpg近くでは会えないとんでもない生き物
コバルトブルーの青いカエル。
tb12_zoo_03_2.jpg
クモ、タランチュラでしょうか。
tb12_zoo_03_3.jpg
ワニ。
tb12_zoo_03_4.jpg
ワニさん、おやすみ中ですね。
アジア、アマゾンや、アフリカの森。
ジャングルってすごいですね。本当に今、ジャングルがあって
このような、神秘な動物たちや、恐竜のような強い動物たちがジャングルに
柵もガラスも無く、歩き回って暮らしているのです。
人間なんて、弱いものだなぁ。
動物たちのエネルギーは大きいんだなぁ。と。
あたりまえのことですが、いろいろと思います。
ジャングルという楽園。守らなくては。
ジャングルがあるっていうことは、地球の健康な部分健在ということなんだと感じました。
reddot10p.jpg チューリッヒ動物園の「人工」熱帯ジャングルへ
 
次のジャングルはチューリッヒ動物園の一番奥にあります。
動物園のゲートをくぐりました。
 
tb12_zoo_10.jpg
ここからは、広大な動物園の敷地になっていて、熱帯の森に住む動物達の世界が作られています。
この、動物園の一番奥の敷地に大きなドーム(体育館のような)があります。
そこには、熱帯のジャングルの動植物の世界が作られていました。
ジャングルの中の気圧や、温度、湿度は違うので、
扉の厚いドアを開け、長いトンネルの準備室に入ります。
準備室には、これからの世界は、地球のどこなのかの解説がありました。
tb12_zoo_20.jpg
ここの場所は、世界の中のココのことなんですよ。
こどもも、わかる。大人もわかる。工夫があります。
興味がわきます。
DSC_1101.jpg
何回か、厚い扉と部屋に入り、ジャングルに着きました。
温度も湿度が高くて、眼鏡が曇ります。
カメラのレンズもしばらく真っ白。どうしよう〜。
tb12_zoo_21.jpg
蒸し暑くて、はじめは、息苦しいかんじがしました。
▽2月でしたが、ジャングルの中はこの気温!蒸し暑い!
DSC_1117.jpg
沼があったり、そこには、動物がいたり、
こどもたちは、興味深く、動物をさがしてみていました。
tb12_zoo_02_4.jpg
鶴のような鳥がいました。
tb12_zoo_02_5.jpg
帰りに、鳥のインフォメーションに、あの鶴のような鳥が紹介されていました。
何か、シールが貼ってあります。
tb12_zoo_02_6.jpg
denkyuu_40.jpgのサムネイル画像IUCN とは?=レッドリスト「絶滅危惧種」の動物のこと。
貴重な鳥の姿に、すぐそこで出会うことがことができました。
うれしいです。
すごいことです。柵も無く、自然に散歩する様子を見ることができるのですから。
reddot10p.jpg ジャングルのレストラン
ジャングルの池のほとりにレストランがありました。
池を見ながら、サラダとパンで、ちょっとひと休み。
DSC_1105.jpg
楽しいけれど、広い動物園は体力を使います。
お腹もすきました。
ほっと一息できました。
ゾウや、キリンをみる動物園と思っていましたが、
森やジャングルで生きる、動物や、鳥や小動物をたくさん見たり、考えたりすることができました。
ここまで、しっかりと森・ジャングルの気候的環境までを再現するチューリッヒ動物園に驚かされました。
そこには、植物が生い茂り、小さな動物や鳥が住んでいて、
私たちが散歩できるのです。
植物や小さな動物、鳥の強いエネルギー世界でした。
地球に森やジャングルがあってその中に動物がいるということ。
そしてそれが地球にとって、とてもたいせつなことなのですよ。というメッセージをしっかり受け取りました。
きっと、こどもたちも、言葉にはしませんが、受けとめているのでしょう。
だって、あんなにきらきらとした目で、森の中を見ていたから。
チューリッヒ動物園の森や、熱帯ジャングルのお話でした。
sankaku.jpg次回は、ゾウやライオン。外の動物園のお話です。
ガラスにくっついて、この子が見ている先には、何がいるのでしょう。
tb12_zoo_25.jpg
 
 
文・写真 MOMO  店長 もぎしづこ
※動物の名前をお伝えできずに私としても残念です。申し訳ありません。
その他の表現に間違えがあることがありましたら、どうぞそっと教えてください。
icon_line_red.jpg
sankaku.jpgお問い合わせはこちら
 
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00
定休日 火曜・第三水曜日
TeL&Fax 027-362-3508
Mail: info[アットマーク]momotoys.jp

icon_line_red.jpg


関連記事