2016-02-25

《おもちゃ屋の旅⑤》ニュルンベルクから鉄道移動『スイス・ドルナッハ』へ

stardot.jpg ニュルンベルクからスイスドルナッハへ 家族3人電車での移動の旅です。
ドルナッハで、『シュタイナー建築に宿泊する』この旅の目的のひとつです。
さあ!鉄道での移動の巻です。
reddot10p.jpg スイスドルナッハ』まで鉄道で移動
 
ニュルンベルクから『ポルシェ』『ボッシュ』で有名な工業都市シュトゥットガルトを通り
電車で東へ2時間弱走ると乗り換えの駅。
乗り換えて、南へ下り2時間くらいでスイスバーゼルへ。
そして、バーゼルから電車で3駅くらいのドルナッハへ。今日の目的地へ到着!というコースです。
かっこいい電車です。
日本の新幹線のような電車です。この電車でバーゼルまで行きました。

DSC_0418.jpg

こちらはの車内は、ニュルンベルクから東へ向かう電車車内。

 

DSC_0394.jpg
電車に乗り、ほっと一息。
手帳を出し、旅の日程を確認しました。
reddot10p.jpg今日はスイスドルナッハに向かうまでのお話しです。
実は、大変でした〜。
ドイツの鉄道はどうしてあんなに、ホームと車両の高さが違うのでしょう。
高さのある階段を重いスーツケースを持ち上げて電車に乗ります。
車両が違いまた降りて、また乗って。
ホームを走り、車内を走り。くたくたになりました。
ドルナッハへの電車の旅、はじまりです。
reddot10p.jpg 電車の中で
車窓からの眺めは美しく、村の家や草原、まるで絵のような景色。

DSC_0396.jpg

手帳を開き、ニュウルンベルクのこと、これからの予定を思っていたら
思い足りないくらいであっという間に時間が経ちました。
ひとつ目の駅に到着し、南へ向かう電車に乗り換えました。
『ICE』日本での新幹線のような電車です。
DSC_0399.jpg
乗る車両と、指定席が見つかりません。
重いスーツケースを押して電内を席を探して巡りました。
静かすぎる車両で、音をたてて進むのに勇気が必要でした。
reddot10p.jpg 私たち、食堂車で、ビールで乾杯!にはワケがあります。
DSC_0405.jpg
私たちの指定席に、他の人が座っていて、声かけずらいタイプの人だったのです。
というワケで、食堂車でとりあえず食べることにして、電車に居場所を作ったのです。
ソーセージにカレー♪
ビールも美味しい!
車内ですが、充実!!
DSC_0403.jpg
席に座れないトラブルも、美味しいものをいただくきっかけとなりました。
気のいい電車の車掌さんに会いました。
この席がベストだよ!って。
テーブルの付いた4人席で、スーツケースも置ける素晴らしい席を探して案内してくれました。
そして、私たちはやっと落ち着きました。
reddot10p.jpg 席で次の電車の乗車計画。
『iPhone』と『娘』ってすごいです。
こうやって、世界中のどこでも、電車の時間や行き方が表示されるんですって。
DSC_0414.jpg
ありがとう。ありがとう。
本当に助かります。
reddot10p.jpg ニュルンベルクから、2台の電車に乗り継いでスイスの町『バーゼル』に到着しました。
DSC_0417.jpg
どうにか、到着!
スイスバーゼル!
DSC_0419.jpg
実はへとへとの笑顔です。
バーゼルの駅です。
バーゼルの駅1.jpg
私たちは、バーゼルの駅の外に出てみました。
静かで美しい街です。
あ!駅の時計が3時半を過ぎてる!
暗くなる前に、ドルナッハに到着しなくちゃ。

 

DSC_0434.jpg
バーゼルの駅で、ドルナッハホテルの部屋で食べる夕食を買いました。
駅の中の本屋さんには、おもちゃや、ボードゲームがありました。
DSC_0420.jpg
ハバ社のゲームも、たくさんあるのですね。
ん?あれ?!
DSC_0421.jpg
MOMOでおすすめのHABA社の『ドラゴンゲーム』がある!
大発見でした。
下の段の緑色の恐竜の絵の箱です。やっぱりバーゼルでもおすすめのゲームなのですね。
DSC_0422.jpg
reddot10p.jpg ドルナッハへ向かう電車に乗りました。
電車の椅子のデザイン。カッコイイです。
機能とあそびとデザインが調和しています。
DSC_0440.jpg
3駅くらい乗ると目的地の『ドルナッハ』に到着しました。
DSC_0445.jpg
ドルナッハの駅からスーツケースをひっぱって歩きました。
10分くらい坂を登ると、到着しました。
ゲーテアヌムのある、ドルナッハの町へ。
DSC_0449dr.jpg
今日の宿泊先『フリードバルト』はもうすぐです。
そして、私たちは、暗くなる前に
『フリードバルト』に到着することができました。
DSC_0450hfb.jpg
シュタイナー建築の居心地を体験、ホテルフリードバルトに宿泊しました。
つづく
文・写真:もぎしづこ

関連記事