2015-10-01

【 木のおもちゃmomoプチ講座 】『プレイクロスシルク』素材と色からのイマジネーション 2才~大人

え?シルク?こどもが?
そうなんです。シルクなのです。
こどもにとっておきのあそびの素材
シルクをご紹介させてください。

シルクの写真いろいろ2.jpg

プレイクロスシルク 90×90cm アルケナ社 ¥2,000(税抜)
ピンク色・黄色・青・水色などいろいろな色が揃っています。
しっとり、つるつる、とろっ。
軽くて、しなやか。

シルクの写真いろいろ21.jpg

シルクの感触はやっぱり特別なもの。
感覚の優れているこどもだからこそ、特別の素材を敏感に感じ喜んでくれます。
シルクをさわる子どもの手の表情にそう気づかされます。
子どもの手が、いつもとは違い、やさしく、しなやかにシルクをさわります。
素材の感触が、子どものこころになにかを伝えます。
シルクの一色の色が、こどものイマジネーションを湧き立てます。
シルクのいろいろな使い方をご紹介させてください。
reddot10p.jpg  空間をやさしくしてくれるシルク  reddot10p.jpg
プレイクロスシルクを、お人形や飾りの 敷物に使ってはいかがでしょう。
人形を飾る時に、シルクを敷くと
まるで森の大地のようです。
シルク2015.714.jpg
たった一枚の布ですが。
シルクの色と光沢が、特別な空間をつくります。
大切な楽器を置く時に
敷いてあげてはいかがでしょう。
シルク2015.712.jpg
美しいものを、更に美しく彩ってくれます。モノの姿、かたちを引き立てます。
reddot10p.jpg こころに届くやさしい手触り肌触り reddot10p.jpg
シルクをさわって見て下さい。
なめらかで、つるつるしています。
シルク2015.709.jpg
こどもも、大人も、
シルクをさわる時、手の動きが美しい動きになります。

シルク2015.703.jpg

やさしい美しい素材が人のこころに何かを伝えます。
人のこころをやさしくしてくれるシルクです。
reddot10p.jpg シルクの使い方 <赤ちゃん〜こども> reddot10p.jpg
『プレイクロスシルク』の色が、こどものイマジネーションをわきたてます。
色を見るだけでも、こころがふわっとなります。
denkyuu_40.jpgのサムネイル画像たとえば赤ちゃんに
icon_skyblue_dot.jpg シルクをゆっくり大きく振って見せてあげましょう。
icon_skyblue_dot.jpg シルクをふわっと投げて見せてあげましょう。 美しい色が大きく動く様子を見て喜ぶことでしょう。
icon_skyblue_dot.jpg シルクを持たせてあげましょう。軽くて、やさしい持ち心地を喜びます。
※注:赤ちゃんがシルクであそぶ時は、必ず大人が一緒にあそんであげてください。
生まれたばかりの赤ちゃんに、
『シルク』は、色がすぐ近くで動く喜びと、
その動いている物をさわっていい感触の喜びを体験させることができるのです。
denkyuu_40.jpgのサムネイル画像たとえば ままごとあそびに
icon_skyblue_dot.jpg 男の子が、『マント』に。
icon_skyblue_dot.jpg 女の子が頭にかけて、お姫様の『ベール』に。
icon_skyblue_dot.jpg 腰にまいてスカートやドレスに。
icon_skyblue_dot.jpg 水色のシルクを広げて海に。
一枚のシルクが、空想の世界でお姫様にしてくれます。
マントをかけた、王子様にしてくれます。
icon_skyblue_dot.jpg お人形の掛け布団に。
シルク2015.711.jpg
icon_skyblue_dot.jpg お人形の『抱っこ紐』に。
シルク2015.710.jpg
など、など。
一枚の布。
素材のやさしさと美しさから空想あそびがはじまることでしょう。
大人は、どのように使うかを見せてもらいましょう。
縛ってあげるなど、使う時のお手伝いをしてあげましょう。
reddot10p.jpg たたむ reddot10p.jpg
シルクをたたみましょう。(5才くらいから)
シルクの写真いろいろ4.jpg
床の上で、机の上で。
広いところで、シルクを広げて。
端と端を合わせましょう。
半分の大きさになったら、また、端と端を合わせましょう。
たたみましょう。
さわりごこちのよい『シルク』をたたみましょう。
たたむって楽しいです。
reddot10p.jpg 包む・しばる reddot10p.jpg
icon_skyblue_dot.jpg 楽器など、特別のものを包みましょう。
シルク2015.713.jpg
次に使うとき、包みを開けるところから、楽しい予感が始まります。
icon_skyblue_dot.jpg 箱を包みましょう。(6才くらい〜)
テーブルや床にシルクを広げ
シルクの上に箱を置き
ゆっくりシルクで、包みます。
icon_skyblue_dot.jpg 包んだら、縛りましょう。
シルク2015.705.jpg
リボンみたいに縛りましょう。
シルク2015.706.jpg
つるつるですが、きりっと、しっかり縛れます。
「はいどうぞ。」
シルクの写真いろいろ3.jpg
箱がかわいくなりました。
包むって楽しいね。
こどもが縛る時は、一緒に手伝ってあげましょう。
だんだん、縛れるようになります。
シルクは、つるっとしてるから、引っ張ると
縛ったところが、するっと、ほどけます。
こどもの特別な素材、『プレイクロスシルク』のお話しでした。

シルクの写真いろいろ1.jpg

え?こどもにシルク?
はい。
こどもだから、シルクです。
こどもが想像を膨らませる素材
『プレイクロスシルク』をどうぞ、よろしくお願いいたします。
☆『プレイクロスシルク』はMOMOで販売中です。
icon_line_red.jpg
久しぶりのmomo講座でした。
この記事は、今年の初夏から準備していました。
早いものでもう、秋になってしまいました。
お読みいただきましてありがとうございました。
『素材』をこどもが見立てて使う。あそぶ。楽しむ。
なにかに遊ばされるのではなく、こどもが自分で『あそぶ』のです。
『あそぶ』を応援しましょう。
初めてお母さんになった方への生活の中のあそびのヒントになったらとも思います。
また、少しずつプチ講座をさせていただきます。
写真・文 MOMO  店長 もぎしづこ

 

dotline.jpg
sankaku.jpgお問い合わせはこちら。
心をそだてるおもちゃMOMO
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町463-1
OPEN 11:00-18:00
火曜・第三水曜定休
call: 027-362-3508
mail: info[アットマーク]momotoys.jp
dotline.jpg

 


関連記事