2015-03-11

【こどものあそぶところプロジェクト】『コウ・ガの森館』におもちゃを届けに行きました.

『momoこどものあそぶところ プロジェクト』は、

こどもがこどもの時の大切な時間を、居心地よく過ごすスペースがいろいろなところにできないかな♪っと
必要な方に必要なスペースに必要な物のご紹介、販売をしています。
たくさんのこどものために、2,3人のこどものために、ひとりのこどものために。
そのスペースを作る方の、気持ちに合った、必要な物を。
本庄市の保育園『共和梅花保育園』で、子育て支援活動に新しいスペースが生まれました。
梅花保育園納品4.jpg
今日は、『コウ・ガの森館』建物引き渡しの日です。
早速、午後納品に『コウ・ガの森館』に行きました。
ジルケちゃん!明日からがんばってね♪
共和梅花保育園に到着すると、
風見鶏が私たちを迎えてくれました。

梅花保育園納品6.jpg

風の強いこの日、
風見鶏は、くるくる、くるくる、忙しそう。
風見鶏、私は10年前に、神戸の元町で見た以来です。

梅花保育園の子どもたちは、大人になった時に、”いつもだった物”の素敵なありがたさに気づくのでしょうね。

あっ 新築の建物!
『コウ・ガの森館』です。
梅花保育園納品7.jpg
建物の引き渡しが終ってすぐに
おもちゃは、『コウ・ガの森館』に到着しました。
梅花保育園納品5.jpg
保育園の事務長先生、小林さんが
セレクトした家具やおもちゃ。
大人が、こどもの発育、教育を考えて選ぶ。
大人でも素敵、好き、ロマンを感じるものを選ぶ。。
物を選ぶって楽しいけれど難しいことです。でも、小林先生は。
梅花保育園納品1.jpg
「自分の母が買ったおもちゃがまだあるんです。」
時を重ねたシロフォン付き玉の塔や、トレインカースロープ。
オストハイマーのお人形もあるそうです。
シンプルなおもちゃが、発想させる、どの年齢でも使える、使いやすい、古くなったらアジになる。
小林さんご自身の使っていた体験が、
難しいことなく、楽しんでこんなに充実なベストセラーのセレクトを生んだのでしょう。
無事におもちゃをお届けするまで、私はとても緊張していましたが
保育園の先生方の和やかな雰囲気と、落ち着いた居心地の良い建物でくつろいで納品させていただきました。

梅花保育園納品2.jpg

おもちゃたち。
今日から、20年先、30年先も『コウ・ガの森館』で活躍してくださいね。
『コウ・ガの森館』は、現在プレオープンということです。
4月から子育て支援『コウ・ガの森館』は始まるそうです。
詳細は共和梅花保育園のホームページでご覧くださいね。
共和梅花保育園の皆様、事務長さんの小林先生、本当にありがとうございました。
多くの子どもたちが、長い年月、居心地の良い『コウ・ガの森館』で過ごせますように。
世の中の魅力的なことの半分は、おとこのロマンでできている。
なんて、小林先生の想いに触れ、しあわせに感じ心が温かくなりました。
ものは、作る人と、使うひとが、ものを完成させると最近たびたび思います。
何十年も使って本物になるのですね。
こどもが、居心地の良いあそぶところがまたひとつできたお話でした。
ありがとうございました。
家に、街に、ひとりのための、みんなのための『こどものあそぶところ』をつくりましょう。
日本中の木のおもちゃ屋さんがどこでもきっと応援してくれます。
MOMOも、お手伝いできたら幸せに思います。
MOMO  店長 もぎしづこ
写真:もぎしづこ・もぎせつお/文:もぎしづこ
☆こちらのブログは。
写真を撮ってブログにしましょうというお話になり、ブログにさせていただきました。
通常は、納品してもブログにしません。ご安心ください。

関連記事