2014-08-18

【『ミュラー展』採掘作業その2】『ピラミッド』における2つの大発明。

突然ですが、問題です。

point_2_b.jpg

この写真はミュラーの『ピラミッド』を上から撮影したものです。

pyramid_hatsumei_2.jpg

この写真には、ザイフェンのピラミッドが広く世に知られるきっかけとなった2つの大発明が写っています。

さて、なんでしょう!

 

miner.jpg

採掘作業その2

『ピラミッド』の2つの大発明を掘り起こす。

mushimegane_40_b.jpg思わず「ほぅ〜」となった『ピラミッド』のはなし。
 
『ピラミッド』にまつわる2つのachievements(偉業)があることを知りました。
この2つの偉業が成し遂げられるまでの長い間、
ザイフェンでつくられる『ピラミッド』はおもちゃ職人の家でのお祝い事の席での装飾品としての扱いで、
売り物としてはつくられていなかったそうです。
reading_b.jpg
なぜその『ピラミッド』がザイフェンの主な工芸品のひとつになったのか。
2つの偉業、大発明をご紹介します。

denkyuu_40.jpg【大発明その1】組み立て式の羽の発明!

 
問題ばかりで恐縮ですが、これはなんでしょう?
 
pyramid_crown_4.jpg
 
この羽のようなパーツと組み合わせて使います。
 
pyramid_crown_5.jpg
 
もうわかりますよね、1つめのパーツにこの羽を1枚1枚埋め込むことで…
 
pyramid_crown_3.jpg
『ピラミッド』の頂上の冠みたいな羽の完成です!
これがひとつめの大発明!
pyramid_crown_2.jpg
この羽は『ピラミッド』の大切な要素です。このパーツがなければ『ピラミッド』は回転しません。
ですが、この組み立てできる羽が発明されるまで、繊細な羽はうまく輸送することができなかったため、
売り物としてつくられることはなかったそうです。
pyramid_hatsumei_3.jpg
ろうそくを立てている部分、キャンドルホルダーも取り外し式です。
『ピラミッド』の大事な要素、
ろうそくとろうそくの気流で回転する羽、という2つのパーツを安心して運ぶことができる仕組みを発明したことで、
ピラミッドはダンボールの箱に入れていろいろな場所に送ることができるようになったのです!
pyramid_crown_1.jpg
今でもピラミッドはこういうダンボールに入ってやってくるんですよ!
denkyuu_40.jpg【大発明その2】ザイフェンが生んだ『ナチュラルなピラミッド』
 
さて、こちらの写真をご覧ください。
ザイフェンのおもちゃ博物館に展示されている貴重な『ピラミッド』です。
pyramid_traditional1.jpg
撮影:MOMO社長
さて、この2つの『ピラミッド』とってもカラフルできれいですね。
実はこのカラフルな『ピラミッド』のほうが伝統的な色使いなのだそうです。
伝統的なピラミッドは白、赤、緑などの色で着色されているものでした。
こちらもとってもかわいい『ピラミッド』がたくさん!
pyramid_traditional2.jpg
撮影:MOMO社長
そして、こちらの『ピラミッド』。
pyramid_natural_deer.jpg
よく見たことのある色使い、というか、色を使っていません。
木の色そのまま、美しい木目はそのままに、ナチュラルな美しい『ピラミッド』。
そう!実はこのナチュラルな、無塗装の『ピラミッド』を作ったことが2番目の大きな発明だったのです。
pyramid_hatsumei_1.jpg
ミュラーさんの工房を含むザイフェンの工房の人たちが『ナチュラルなピラミッド』を作ったところ、
ザイフェンの木で作られた美しい形とナチュラルな木の色の組み合わせは大変な評判になり、
ザイフェンの木製品が世界的に認められるきっかけになったそうです。
ナチュラルな木の美しい「冠」はミュラーの『ピラミッド』と言えばこれ!という大きな特色になりました。
ミュラーの『ピラミッド』も『アーチ』も、このナチュラルな木の色が本当にきれいです。
ちなみにこのMOMOのピラミッド、なんと15年以上経ったものです。
新しいものはもちろん新鮮な白い色が美しいですが、年月を経るごとに美しい飴色に変化していく『ピラミッド』がとってもきれいです。
ろうそくの色もすごくはえる気がします。
denkyuu_40.jpgザイフェンの職人さんの作る丈夫な羽根。
最後に、この2つの大発明に大きく関わる羽の話です。
『ピラミッド』はやっぱりろうそくの火を灯し、くるくる回転している姿が本当にきれいなんです。
pyramid_candle.jpg
 
ですが、最近ではドイツではなく、材料費や人件費の安いアジアの工場で作られる『ピラミッド』も増えていて、
それらの『ピラミッド』では、なんと!ろうそくの火で羽が燃えてしまうことがあるのだそうです。
大きな事故につながることもあります、本当にこわいですね。。。
 
もちろん、ミュラー社の製品はザイフェンの工房で熟練の職人さんたちによって作られています。
ミュラー社も含め、ザイフェンの工房で作られるピラミッドの羽が燃えることは滅多にないそうです。
 
そうですよね、何百年も前から、電気のないころから受け継がれている技術です。
いつまでもザイフェンの工房では確かな技術が受け継がれているのです。
 
denkyuu_40.jpg大発明のまとめ。
sketchbook_matome_r.jpg
reddot10p.jpg【発明1】分解式の羽の開発!

reddot10p.jpg【発明2】『ナチュラルなピラミッド』=ザイフェン!!

reddot10p.jpgザイフェンの職人さんのつくる羽はさすがのクオリティ!

 

 

 

次回は「この形そのものがザイフェン発!」なあるもののおはなしです。意外でした。

 

miner.jpg

ザイフェンで作られているものってすっごく歴史と関係が深いです。

ドイツの人って真面目です。

 

2014momomuller_02.jpg

『MOMO夏のミュージアム ミュラー展』

 

絵と文:茂木成美(MOMO制作)


関連記事