2014-05-25

【沖縄の旅③】大嶺實清さんの器とギャラリー『囍屋(きや)』へ

stardot.jpg こんな離れた遠いところに、私が来ることになっていた場所。。なのかな?

大嶺工房『ギャラリー囍屋(きや)
 
『リストランテRE』のシェフから教えていただいた器を見に行きたい。
そして、たどり着きました。
 
ギャラリー『囍屋(きや)
 
お寺や神社のような広い静かな空間に、
焼き物が並んでいます。
ギャラリー『囍屋(きや)』、大嶺實清さんの工房のギャラリーです。
reddot10p.jpg reddot10p.jpg reddot10p.jpg
生まれてはじめての沖縄の2日目に、
ギャラリー『き屋』にたどり着いた幸せを感じました。
こんな離れた日本の遠いところに、
私が来ることになっていた場所なのかな。。なんて。勝手にロマンを感じました。
reddot10p.jpg reddot10p.jpg reddot10p.jpg
stardot.jpg 美味しいものをつくる人に教えていただく。
 
リストランテRE』さんに沖縄で焼き物が観たいのですが、と訪ねたら。。
「トルコブルーの焼き物が印象的ですよ。」と、
大嶺實清(おおみね じっせい)さんを教えてくれました。
stardot.jpg 読谷村『やちむんの里』で大嶺實清さんのギャラリーを目指す。
 
大嶺實清さんの工房も『やちむんの里』にあります。
MAP看板に、大嶺實清さんをみつけました。
ここへ行ってみましょう。
stardot.jpg 大嶺工房 ギャラリー『囍屋(きや)』 へ
「ごめんください。」
「ここは、入らないでください。」
芸術家的な、静かな素敵な若者に言われました。
「ギャラリーなら、左に行って、この道の奥です。」
「はい♪ 行ってみます。」
厳しい感じが私に、よいモノを,予感させました。
作業場で並べていたあのお皿!焼いたらすごく良さそう!と思いながら
こんな、奥に?あるのかな?と、左へ曲がって歩きました。
作業場を横目に。。
ここですね。
お堂のような、お寺?神社?のような。。
神聖な空気です。
ここが、大嶺實清さんのギャラリーのようです。
「ごめんください。」
靴をぬいでおじゃまします。
焼き物、器。
大きいもの、繊細なもの、
整頓され、無造作に、それぞれ、様々に焼き物が置かれている
焼き物のための大きな空間。
四方からのぞく緑、植物。風が気持ちいい。
焼き物に圧倒されながらも、おじゃましました。
シンプルなかたち。
色。姿。表情。
ひとつ、ひとつみせていただきました。
白、青、茶、そして、赤!
人がつくったかたち。
使う人が使い心地が良いようにつくったかたち。
手に持って、軽い。
直線ではないところが、器を越える。
器をくちびるがふれる時、やさしい感触なんでしょう。
「お茶をどうぞ」と
囍屋(きや)』のおかあさんがコーヒーを入れてくれました。
沖縄のギャラリーのテラスで、
コーヒーをいただきます。
自然がいっぱいの中
気持ちよく2人でお茶をいただきました。
どの器を買おうかを話しました。
沖縄の器屋さんで、コーヒーをいただけるなんて。。
人の、自然なやさしさを感じる沖縄です。
こころが、”ほっと”します。
あれ?
カニくん♪いたんだね。
お茶をいただいた後は買いものをしました。
パパは、毎日使うお茶碗を買いました。
私は、パパの誕生日プレゼントにブルーの大皿を買いました。
沖縄で、家で毎日使ういいモノと出会いました。
大嶺さんご夫婦と(實清さんのお子さんご夫婦かとおもわれます)
お話をさせていただきました。
静岡のイタリア料理屋さんが使っていたり
大嶺工房の器を使う割烹料理屋さんがあったり。
この、器になにを盛りつけよう。
料理人は想像するだけでも楽しのでしょうね。
そして、お料理をお客様に出すのでしょうね。
(気に入った完成された器に
料理人が何をどのように料理して盛りつける。。
私の想像も盛り上がります。)
大嶺さんに器を使ったお料理店を教えていただきました。
次に沖縄に行った時は、予約しなければ。
『器と食べる』の楽しい話題とまりません。
大嶺工房『囍屋(きや)さんおじゃましました。
また、ぜひぜひ、食器棚を整理して沖縄に再びもどります。
シーサーが、
私たちを見送ってくれます。
stardot.jpg毎日使える幸せ。
東京の合羽橋でも買わなかったのに、大嶺實清さんの工房『囍屋(きや)』で買ってきました。
パパへの50回目の誕生日のプレゼントです。
なにを、盛りつけましょう。
パパが買ったお茶碗です。
軽くて、使いごこちいいです。
お気に入りになりました。
沖縄がぐっと!近くなりました。
だって、毎日使うのですから。
大切に使います。
大嶺實清さんと『囍屋(きや)』器との出会いのお話でした。
今日も、沖縄の工房でつくっているのですね。
味、素材、空間、場所、時間、会話。
こだわりのレストラン『リストランテRE』さんとの出会いから繋がって
私たちは沖縄を旅することができました。
いい旅でした。
reddot10p.jpg reddot10p.jpg reddot10p.jpg
大嶺實清さんについて、たくさんのページでご紹介されています。
購入もできるようですので、ぜひいろいろ見てみてください。
reddot10p.jpg reddot10p.jpg reddot10p.jpg
写真・文 MOMO 店長もぎしづこ
編集 茂木成美
文:おもいのままに書いています。間違いがあることがあります。ご了承ください。

関連記事