2014-01-11

クーちゃんのお年玉

クーちゃんは犬です。
でも、いつもいい子ですから、お年玉をもらいました。
クーちゃんのお年玉は、骨のガム
フリスビーです!

フリスビーをみせると
クーちゃんは自分のってわかるのです。
大喜びです!

「遊ぼう!遊ぼう!」って。

「パパ遊ぼうよ。」
「フリスビーで遊ぼうよ〜。」って。
クーちゃんは、フリスビーを持って引っぱります。

「はなさないよ〜。」
引っぱりっこ。引っぱりっこ。
いえいえ、クーちゃん。
フリスビーは、引っぱりっこじゃあないんだよ。
ママたちは、フリスビーの説明書を読みました。
フリスビーは、空中でキャッチさせましょう。
最初は、すぐ近くからキャッチさせます。
徐々に、距離を伸ばして、
遠くまで投げたフリスビーを空中でキャッチできるようにいたしましょう。
と書いてありました。
「わかったかい。クーちゃん。」
「落ちた、フリスビーを取るんじゃあないんだよ。」
「投げたフリスビーを空中でキャッチするんだよ。」
クーちゃんは、きちんと、お話しを聞いています。
そして、フリスビーに夢中です。
「はやく、パパ投げないかな?」
「クーちゃん。投げるよ投げるまで待っていてね。」
「はい!」
クーちゃん!キャッチ!がんばれ!
「あっ!」
クーちゃんは、なぜだか、
手が出てしまいます。
手でフリスビーを取ろうとしてしまいます。
なかなか、空中でキャッチできません。
さあ!クーちゃん。
もう一回!
はいっ!
クーちゃん、これから、フリスビーの練習です。
寒いけれど、毎朝、練習いたしましょう。
春には、ビューンと、遠くまで投げたフリスビーを
かっこ良くキャッチするクーちゃんになるのかな?
『クーちゃんのお年玉はフリスビー』のおはなしでした。
ひさしぶりの、クーちゃん登場!
クーちゃんは、毎日元気です。
クーちゃんありがとう!!
今年も、一緒に、遊びましょう。

関連記事