2014-01-04

アーティスト! 日本料理『ましの』さん

お正月だから、おいしい話題はいかがでしょう?
家族で特別な時に行くお店。
日本料理『ましの』さんのお料理のお話しです。

まぐろです。
先日久しぶりにましのさんに行くことができました。
その時のお料理をご紹介させていただきます。
※こちらの『ましの』さんのブログは特に私の、好みとたぶんで書いています。
素材の名前が間違えていることもあります。ご了承ください。
おまかせでお願いしています。
(コースは¥5,000くらいからあります。こちらは、そのあたりかとおもいます。)
初めに『はっすん』
次にまぐろが出てきました。

黄身醤油でいただきます。
この、卵も黄身醤油に合うものをえらんでいるそうです。
もちろん、おどろく美味しさでした。
次に、白身のお魚。
鯛などです。
こちらは、塩、カボスで、いただきました。
ぷりぷり、そして歯ごたえ。
お酒が飲みたい!(この日は、運転でしたので、お茶をいただきました。)
この、器は?
開けますと。
うにです!
うにの、とろっとしたお料理です。
器からの香りが、たまりません。
えびが、うにのとろっとしたおいしいものに包まれています。
うにの茶碗蒸しのようだったと思います。
はまぐりのお吸い物が出てきました。
焼きしめじの香ばしい香りとだしの香り。
口からいただく前に、美味しいです。
次は、大根とえびの煮物です。
とろっとしたあんが、大根を包みます。
スプーンで、あんもいただきます。
そして、御飯とお味噌汁がでました。
お腹も大満足です。
デザートはイチゴのアイスとオレンジ色のは。。
なにかの、シロップ付けです。
パクッと一口で食べました。
小さなみかんのような、味でした。
皮までおいしかったのに、名前を忘れてしまいました。
ピカピカです。
(きんかんでした。)
お店には、ひれ酒用かな?
絵のように、綺麗にヒレが干してありました。
パパは、お酒を飲みました。
私も、次の時はお酒を飲みたいな。
器はどれにしましょうか。。
また、つぎの時が楽しみです。
ましのさんは、30代の若い方です。
お料理対してまじめです。
お客様に喜んでいただこうと丁寧につくっています。
もちろん、出汁から全てご自身でつくっています。
築地に足を運び、魚を選び。
素材、味、器、盛りつけにこだわり。。
『ひとつの器に料理を盛る』
料理人はアーティストだ!と私は感じます。
私のアートだと思うものは、
その人が持っている表現が神様レベルですばらしい(自分レベル、知り合いレベルではないということ)
それを見て、聞いて、体験したその人が勇気や元気のようなプラスのものが身体の中から生まれるもの。
が、私はアート、それをつくる人がアーティストと勝手に思っています。
きれいな盛りつけで食欲がわき、
テーブルでの楽しい会話が生まれ、
香りと味で、心がほっと、うれしく明るく、なって。
気分が変わる。
ましのさんは、アーティスト! と勝手に思います。
そして、このように若い人を育てた職人の方のすばらしさを感じます。
赤坂の有名な料亭ということです。
たくさんの30代の若い方々に、関心することが最近多くあります。
新しいこと、忘れてしまったこと、知らなかったこと。
まだ、まだ、敏感に若い方からも学びたいです。
新年なので、おいしい日本料理のおはなしでした。
by  MOMO  店長
※『ましの』さんは、高崎駅東口歩いて5分弱の所にあります。
お座敷もありお子さんと一緒でも大丈夫です。(お子さん連れの際は必ず予約がおすすめです。)
年末は予約でいっぱいだったのです。
予約をして行くのがおすすめです。
卒業、入学、お祝、おひな祭りのお祝いなど、特別なお食事の会にとってもおすすめのお店です。
おいしいお料理で会話がはずみます。

関連記事