2013-12-26

いのちゃんとサンタクロースのおはなし。

kakko1.jpgこんにちは、いのちゃんです。kakko02.jpg

inochan_germany3.jpg

イノシシのこどものいのちゃんは、ぬいぐるみです。
3年くらい前のことかな?
サンタクロースが、おとこの子にクリスマスの日に届けてくれたのです。
大切にしていたのに。。。たいへんなことになりました。
kakko1.jpgいのちゃんはお鼻をけがしてしまいました。kakko02.jpg
いのちゃんちゃんのお鼻が!
inochan_germany1.jpg
kakko1.jpgこれはいたそうです。kakko02.jpg
おとこの子のお母さんが、良いことを思いつきました。
MOMOさんに相談してみよう!っと。
そして、お鼻をけがした、いのちゃんがMOMOに来たというわけです。
でも、MOMOさんもこまりました。
「上手にけがを治せるかしら?」
そうだ!
いのちゃんを作った人にお願いしましょう。
いのちゃんを作った人、生まれ故郷は、ドイツです。
ドイツのケーセンという会社で手作りされたぬいぐるみなのです。
たのんでみましょう!
kakko1.jpgいのちゃんはドイツへいくことになりました。kakko02.jpg
「だいじょうぶですよ。すぐに、東京に来てください。
飛行機に乗って、ドイツへ行きましょう。」
inochan_germany4.jpg
ドイツのケーセン社に詳しいおもちゃ屋さんのニキティキさんが言いました。
「いのちゃん、他の動物さんと一緒に、ドイツに行きましょう。」
kakko1.jpgちょっときゅうくつだけどがんばってね、いのちゃん。kakko02.jpg
いのちゃんは、おとこの子と、お母さんと離れて、
ひとりで、がんばって、ドイツに行くことにしました。
inochan_germany5.jpg
kakko1.jpgいのちゃん、いってらっしゃーい!!kakko02.jpg
東京に行って、
それから、いのちゃんは、ドイツ行きの飛行機に乗りました。
inochan_germany_top.jpg
いのちゃん、立派だね!
ひとりで遠い、遠い、ドイツの国!
いってらっしゃーい!
kakko1.jpgいのちゃん、なんとサンタさんと…!kakko02.jpg
ひとつき、ふたつき日が経って。。
いつの間にかに、クリスマス!
お母さんが、MOMOにやってきました。
サンタクロースさんが、北欧からのソリの荷物に、
ドイツのケーセン社でちょうど帰りを待っていたいのちゃんを贈り物の袋に入れて連れて来てくれたそう。。
サンタクロースさんはいのちゃんのことを覚えていたのですね。
そうして、いのちゃんは、日本に、おとこの子のもとに帰ってきたのでした。
「MOMOさん見てください」って、お母さんが。
inochan_ribbon2.jpg
kakko1.jpgおかえり、いのちゃん!kakko02.jpg
サンタさんが巻いてくれたのでしょうか。リボンを巻かれたいのちゃん。
おかえりなさい!
inochan_ribbon1.jpg
kakko1.jpg鼻のけがはすっかりみちがえるようです。kakko02.jpg
いのちゃんよかったね。
お鼻が、きれいに治っていますね。

inochan2.jpg

kakko1.jpgいのちゃん、うれしそう!kakko02.jpg
お母さんに頭をなでなでされて、いのちゃんとっても喜んでいます。
inochan1.jpg
kakko1.jpgこれからも元気でね。kakko02.jpg
いのちゃんは、とっても、うれしそうに
おかあさんの胸に抱かれて、おとこの子の待つおうちへ帰っていきました。
inochan3.jpg
いのちゃんは、しあわせです。
いのちゃんの、顔を見るとわかります。
いのちゃんよかったね。
帰りは飛行機じゃなくて、
サンタクロースのソリで日本に帰るなんて最高ですね、いのちゃん!
お母さん、素敵なお話しを分けていただいてありがとうございました。
MOMO2013年クリスマスのおはなしでした。

関連記事