2013-07-22

上野村の『よたっこ』さん物語・こじょはん編

『カフェ よたっこ』さんのつづきです。
私たち3人は
気持ちのよいよたっこさんの空間でもう少しくつろぎたくて
お昼ごはんの後に、
「こじょはん」をいただくことにしました。
「こじょはん」ってどう説明したらいいんでしょう。インターネットで検索してみました。
見つかりました!
こじょはん
小昼飯=3時のおやつ、間食 例文:「今日の こじょはんは お焼きにすべえ」
 
※キララ☆あがつま『あがつま語☆実用会話講座』より引用させていただきました。
 
よたっこさんの「こじょはん」、飲み物とクレープとドーナツをお願いしました。
 
「今日のこじょはんはクレープとドーナツにすべえ。」
 
わくわく楽しみに待ちました。
こじょはんが運ばれてくる間に。
よたっこさんの気になるものを。。
古いおもちゃのピアノです。
貴重なものなので
やさしく、弾かせていただきました。
「ボロ〜ン。ボロ〜ン。」と。
昔の音が出てきました。
素敵でした。
よたっこさんにはいろんなところに素敵な本があります。
まるで昔から知っている人のおうちでくつろぐように・・・
素敵な本を、
のんびり。読ませてもらいました。
初めて読んだ「うかたま」。
内容が、いいです!
読んだことのない、素敵な本との出会い。
開くと、
不思議な世界がありました。
森のアート。
植物のアート。
いろいろな、出会いです。
そしてよたっこさんの「こじょはん」がやってきました。
梅の酵母ジュースです。なんとマドラーは木の枝です。
「完熟の甘い梅」と「さっぱりした青い梅」どっちが良いですか?と聞いてくださり、
両方頼んでしまいました。もちろん、どちらもおしいかったです。
私は、コーヒーを注文しました。
同じ上野村のホクト59さんのコーヒーカップです。
持ち心地が良かったのと、
口にあたるカップの感触もコーヒーの味のひとつと感じました。
おいしいコーヒーでした。
地粉のクレープ。
よたっこさんの畑でできた小麦の粉だそうです。あんずのジャムも手作り。さわやかな甘さです。
あんこ&バターの地粉クレープ。
あんこも自家製。たまらなくおいしい!社長がむしゃむしゃ食べていました。
ドーナツ!!まさに理想の味!
ぱりぱりして、でもしっとりもしていて、きなこの甘さがちょうど良く。
『cafe yotacco 』の「こじょはん」、「うまい!」です。
カフェとして、ゆっくり本を読んでくつろぐのもきっといいです。
ドーナツは、テイクアウト に向いているから、どこかで、よたっこさんが出店している時は
売っているかもしれません。おすすめです。
揚げた感じと、きな粉が本当においしかったです。
「yotacco さん。ごちそうさまでした。」
記念にみんなで写真を撮りました。
あれっ?!こごみちゃんも!
みんなでこごみちゃんと同じポーズになりました。
こごみちゃん、うれしいね。
みんな楽しいね!
いつも、番犬ありがとう、ごくろうさま。
また、会いに来ますね。
よたっこさん、おいしいお食事をごちそうさまでした。
すこし、雨が降り始め、
足早に車に乗り込みました。
でも、あじさいと看板が気になって、
振り向いてシャッターを押しました。
2時間前、どきどきして、ココを上りよたっこさんへ。
行ってよかった。
また来ます。
車に乗ると。
グットタイミング。
どしゃ降りの雨になりました。
車で15分も走ると雨は小降りに。
私たちは上野村の温泉で「ひとっ風呂浴びて」帰りました。
川沿いの、川の音と風がきもちいい温泉です。
露天風呂からは緑の青々とした上野村の山が見えます。
都合で名古屋には行けなくなりましたが、
そのぶん、たっぷり、夏の一日を満喫することができました。
よかったら、上野村にお出かけしてみませんか?
山と、鳥と、よたっこさんが待っています。
☆よたっこさんに行く時は、ぜひ、ブログやツイッターで営業を確認してからがおすすめです。
■cafe yotacco ※現在は営業形態が異なります。
(※事前にブログで確認してからのお出かけください。)
住所:群馬県多野郡上野村勝山192
電話:0274-59-2023
■浜平温泉 しおじの湯
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日
住所:群馬県多野郡上野村大字楢原3487-2
電話:0274-59-3955
料金:大人¥500 子ども¥300 70才以上 ¥400

関連記事