2013-05-31

クーちゃんと ゆすらご と おばあちゃん

クーちゃんがお口でキャッチしようとしている 赤い実 がわかるでしょうか?!!
赤い実は『ゆすらご』です。

ここのところ、毎朝、クーちゃんは
おばあちゃんが庭に来ると喜んで、庭に出て行きます。
わけがありました。

それは。。。

あらあら?
そのわけは!
おばあちゃんが、庭の『ゆすらご』の実を
クーちゃんにあげていたからなのです。
(クーちゃんは、健康の為に、ドックフードだけ食べることになっているのに。。)
クーちゃんは、
おばあちゃんの手の中のゆすらごの実を良ーく見ています。
おばあちゃんがゆすらごの実を放ると。
良ーく見て、
小さな赤い実をお口でキャッチ!!
するのです。
上手、上手!!
また。おばあちゃんは、
「美味しそうなのをとってあげようね」っと。
赤く熟したゆすらごの実を探します。
これが、ゆすらごの実です。
我家の子どもたちは、
5才くらいまで、おばあちゃんに赤くなると実をとってもらって
喜んで食べたものです。
「はい!クーちゃん。」っと。
実を放ります。
おばあちゃんは、クーちゃんを見守ります。
「クーちゃん上手だね〜。」
なんども、なんども。
おばあちゃんは、クーちゃんに、実を放ります。
おばあちゃんは体小さいのですが、大きなやさしさでどっしり強く。
クーちゃんは体が大きいのですが、小さなおばあちゃんに従順です。
まだ、まだ、グミはたくさんあります。
そうそう、子どもたちが小さかった頃、
ゆすらごの実のことを、『グミ』って言って喜んで食べていたのを思い出しました。
くーちゃんと、ゆすらごと、おばあちゃんのお話しでした。
5月の気持ちのいいお天気の日の庭で。
小さなおばあちゃんと、大きな犬のクーちゃんは
仲良く楽しく元気です。
ペットは、笑顔を引き出してくれます。

ありがとうね。クーちゃん。

親ばかな私たちのお話しでした。

関連記事