2013-04-07

ジョン・ビリングさんのライアーコンサートに行ってきました。

 

ここは、群馬県利根郡川場村の『渓山荘』です。
今日、ここでジョン・ビリングさんのライヤーコンサートがありました。

この、椅子に座って、
この、ライアーを
ジョン・ビリングさんがこころをこめて、
私たちに弾いて聴かせてくれました。
ライアーの響きは体の奥までとどきました。
こちらがライアーコンサートが開かれた
群馬県利根郡川場村の温泉旅館『渓山荘』です。

渓山荘では 約2ヶ月に一度、吉良 創 先生のライアー教室があります。
吉良先生がジョンビリングさんを連れて来てくれたのでしょうか。
次の日はジョンビリングさんとのライアーの練習会もあるようです。
こんなに近くで
ジョンビリングさんのライアーコンサートが開かれるなんて、夢のようです。
渓山荘に入るとステージが。
バックには池と木々。
みごとに、ライアーの空間が生まれていました。
気持ちの良い風景を眺め、
わくわくしながら、ライアーコンサートを待ちました。
クリスタルが、光をうけて輝きます。
まるで、水滴のよう。
ガラスのお置きもの。
ジョンビリングさんのライアーコンサートが始まりました。
ジョンさんの手の指が弦の上を美しく動き、メロディーとなって生まれてきます。
心地よく、楽しくて、目も耳も離せませんでした。
アイルランドの曲や、バッハ、ご自身のオリジナルの作曲。
七夕というジョンさんのオリジナル曲は
日本の東北の被災地への祈りを込めて生まれた曲です。
心をこめて奏でるジョンビリングさんの想いは
ライアーのメロディーになって私たちに伝わりました。
吉良さんと、ライアーのジョイント!
他の楽器とのジョイント!聴かせてくれました。
風でゆれる緑、池の水の動き、光のきらめき、そしてライアーのメロディー
至福の時の中でした。
コンサートが終わると
ジョンビリングさんにありがとうございましたとお伝えできました。
なんと、ライアーを弾いていた、その手で、
握手をしてくださいました。
花が咲き始めた春の日曜日に
MOMOスタッフの三田さんと私は神様からご褒美をいただきました。
渓山荘のみなさま、吉良さん、
そして、イギリスから来日して私たちにライアーを弾いて聴かせてくれる
ジョンビリングさんに感謝いたします。
ジョンビリングさんのライアーコンサートはこれから日本各地で開催されます。
私が今知っているところでは、
静岡県のおもちゃ屋の百町森さん。
静岡県のおもちゃ屋さんシンプリー・ショップさん。
広島のメルヒェンさん。
東京やその他にもあると思います。
みなさん、どうぞ、お近くで開催がありましたら、
ジョンビリングさんのコンサートに行ってみてください。

関連記事