2012-10-09

おもちゃ屋さんから生まれたラッピングペーパー

オンラインショップにディゼーニョ社の包装紙の紹介ページができました。
とてもかわいいディゼーニョの包装紙をきちんと紹介できてとてもうれしいです。
さて、MOMOの定番ではないディゼーニョの包装紙にこんなデザインものがあります。
よーく見てください・・・

disegno_toyshop_01.jpg

MOMOにあるおもちゃがたくさんある!
そう、ディゼーニョは”おもちゃ屋さんから生まれた”ラッピングペーパーですからね!
このラッピングペーパーの柄は『Classic』という名前です。
何のClassic?
見ての通り、なんと、木のおもちゃのClassic(『決定版』)です!
ドイツの木のおもちゃ屋さんが選んだおもちゃの決定版はいったいどれでしょう??
涼しくなってから特に子どもたちから大人気の木馬、グロリアさんです。

disegno_toyshop05.jpg

あ!グロリアさん!

disegno_toyshop04.jpg
品のあるまるで本物の馬のようなグロリアさんは木馬のClassicです。
写真中央のおもちゃ、と、目の前のこのシルエットは・・・??
disegno_toyshop06.jpg
disegno_toyshop07.jpg
あ!実物!キツツキ!
簡単そうな仕組みなのに、楽しい動き。こちらも名作です。
おもちゃ屋さん特権、ということで・・・
この包装紙を文庫本サイズの手帳カバーにしてみました。
表紙の正面を飾るこの積み木は・・・
disegno_toyshop02.jpg
anker_animals3.jpg
しかも組み方も似てる!うれしいです、ドイツのおもちゃ屋さんが選んだ形と似てる。
でも、平面的で描きやすかったからこの形が採用されたのかもしれません・・・
なんといってもディゼーニョの包装紙は全て手描きですから。
アインシュタインも遊んだ積み木が堂々のClassic入りです。
内側にはリリアン。
いつの時代も人気なんですね、リリアン。
disegno_toyshop03.jpg
ディゼーニョのラッピングペーパーって本当に木のおもちゃ屋さんが作ったんだな〜としみじみします。
そして木のおもちゃってずっとかわらないんだな〜ともしみじみ。
ドイツの木のおもちゃ屋さんが選んだClassicは今も多くが流行に左右されずに愛されていますね。
この『Classic』柄は定番ではありませんが、いまMOMOでは6種類のデザインをお選びいただけます。
大人も子どももワクワクするデザインの包装紙をぜひ贈り物にご利用ください。
▽ディゼーニョ社についてと定番の柄はこちら
disegno_ec_banner.jpg

関連記事